偉人の言葉

今日は、今までの趣とはちょっと変えて・・・。

私が金融機関時代にとてもお世話になったSHさんからの言葉です。

最近、ブログでも書いている通り、ちょっと人間の問題で悩み気味。。。

すると、SHさんがありがたい教えをくれました。

以下に掲載させていただく文章は、私がいただいた教えの後半部分になります。

前半部分には、好きなことや、やるべきことをするのに「練習してます!

がんばります!」とか「上を目指して努力します!」ではなくて、

自分が当たり前に物事をした結果、できるようになっている・・・。

といったものでした。

本当は全文を掲載したかったんですが、個人が特定できる内容なので、

抜粋にさせていただきました。。。

 

何が言いたいかと言うと頑張らなければ出来ないというスタート地点がすでに違っているのだと思うようになりました。
 
「努力に勝る天才無し」はスタート地点の違いが才能の違いであるならば絶対に成り立たないと思います。
自分が常々思うのは、「凡才は何を努力しても天才には絶対に勝てない」
 
何故なら天才は何を努力すれば良いかをよく知っているからです。
「天才」が天から与えられた才能であるならば自分がどの分野で天才なのかを見極める必要がありますね。
スポーツにおいても一番大事なのは「まず自分のレベルを知ること」が勝つための近道です。
それは勝負事においては勝負の前から勝敗が見えるといういばらの道ですが。。。
 
自分が天才だったからチャンピオンになれてきたとは思いません。
努力しなければ勝てない人は無駄な努力はしない努力をする事が天才への近道と言えると思います。
 
仕事に対してもきっとそうだと思います。
頑張って仕事をしているわけでもなく仕事をするのは当たり前という感覚ですよね。
物事を良くしようと常に考える事も頑張ってそう考えるようにしている訳ではなく勝手に頭の中で考えが浮かんできますよね。
その違いがそもそも相手に対して理解できない要因だと思います。
 
最近はこう考えるようになりました。
「頑張ってますよ」と簡単に言う人間に対した人間はいない。
 
自分も○○さん(私ね)も本来はグータラでいかに楽をしようとしか考えていないという共通点がありますよね。
グータラの天才だから楽をするために勝手に頭が回転するだけです。
周りからはそうは見られていないという点も同じですね(笑)
他人と接するときにももっとグータラになると楽ですよ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です