34歳新人入社

本日より新しく新人(中途採用者)が入社しました。
配属となったのは、灼熱の楽園と呼ばれる「熱処理作業」です。
つまり、私の直下の作業となり、教育訓練者も私な訳です。。。

この新人(ミスターT)の最終面接も私が行ったんですが、
私的には「う~ん?」という人材でした。

学歴:
・○○大学 政治経済学科卒業(イメージ的に体育会系の大学)
・○○グラフィック専門学校卒業(2年間:コンピューターグラフィックの専門学校)

職歴:
・コンピューターグラフィック系の会社 勤務1年6ヶ月程
 (納期主義に疑問を感じ退職とのこと)
・バイク専門店でバイク修理作業 勤務9年程
 (毎日次々仕事が入ってくる忙しさで激務のため退職とのこと)
・不動産販売業の会社 勤務8ヶ月程
 (世界恐慌で販売が伸びず、歩合制の給与が月給15万円くらいのため退職)

資格:
・自動車運転免許証のみ
それぞれの会社で資格を取得しなかった理由は、先輩が資格勉強を
行わなかったため、自分1人ですることが難しかったから・・・。

うちの会社の志望理由:
・手に職の技術を持っている人材は今後の強みになると考え、
  自分の存在価値を高めて、企業に必要とされたいから。

私の質問:
・現在、製造業においては海外(特にアジア圏)企業が低コストで
  生産を行い、人件費・地代・エネルギー費・材料代のすべてが
 安く、品質が若干悪くても半分以下の製造単価で販売してくる
 現状です。そのため、大手企業は現地調達率を高めるために
 生産拠点を海外にシフトさせており、日本の製造業が技術力
 だけでグローバルに戦うのが困難になっております。
 その中で、どのような技術をつければ企業内で存在価値が
 高まり企業に必要とされると思いますか?

ミスターTの回答:
・えっ!?あっ、あっ。。。わ、わたしは体を動かすのが好きで・・・。
 現場で仕事をして技術をつけたいと・・・。そういう仕事が向いて
 いると考えて・・・。教えてもらえれば、仕事を覚えてがんばります。

この方の傾向として、仕事を自分で調べて覚えたり、他人の仕事を
見て盗んだり、世間の情報を収集したりといった能力が著しく
欠けていたのです。
通常の中小企業に募集してくる人材には聞かない内容であった
ものの、大学のしかも政治経済学科を卒業し、その後専門学校まで
入っており、職歴の職種も統一性がない。
しかし、人当たりはよく、面接で調子のいい事を言っていたため
聞いてみたくなりました。
大学で学んだのは調子合わせだけだったようで・・・。

今日一日教育をしていましたが、がんばろうというやる気は伺え、
とても一生懸命がんばっているものの、考える力や時間力が
大きく欠けているため、やはり与えられた仕事のみをこなす
ワーカーとしかならないようです。。。

34歳で大卒者、しかも社会人歴も12年近くあるのに可哀相に
なりました。本当に人間の能力は平等ではなく「差」があり、
時間は「有限」であるため、効率を考慮しながら努力をしないと
成長しないものなんですね・・・。
自己能力昇華は本当に難しいことなんだと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です