050plus、Skype、Line、Viberを比較、電話代削減の探求

「050plus」とは、NTTコミュニケーションズが出した、月額315円支払うと050から始まる電話番号を取得でき、電話ができるアプリです。ネット回線(3G回線含む)を使用して「050plus」ユーザー同士などで無料通話が楽しめ、一般・携帯電話にも安く電話できるサービスです。似たアプリで「Skype」や「Line」、「Viber」などがありますが、「050plus」と「Skype」が似ていて、「Line」と「Viber」が似ています。(私はULTRAWi-fiを主軸として050plusをメインに考えていたため、このような書き出しです。)

よく「Skype」や「Line」、「Viber」などと比較をされます。携帯代金を安くしたい人は、シーンに合わせて使い分けるといいかもしれません。ただ、「050plus」・「Skype」・「Line」・「Viber」などのサービスのうち、どれがいいか?というのは難しいです。様々な使用用途に応じての一長一短があるからです。また、すべてのアプリはネット回線を使用しているため、ネットの使いたい放題を加入していることが前提条件です。

様々な方が検証されたページが各所に載っていますが、それらを私が見て判断した内容をまとめると下記になります。
ちなみに、docomo、softbank、auの通話料金は30秒で10円前後~20円前後です。1分だと20円前後~40円前後という事です。(プランにより異なる)

「050plus」・・・ipod touchなどの元々電話機能がない端末に電話番号を取得して、携帯電話に近づけたい人はお薦め。使用料315円/月(クレジット決済のみ)かかるが、番号取得を考えると最安値だと思います。また、普通の携帯電話や固定電話に使う通話料金が1分16.8円と安い。ただし、3G回線で使用している人の評価はよくない様子。Wi-Fi環境と組み合わせると比較的大丈夫と思われる。(私はULTRA Wi-Fiと組み合わせてます。)
2012年5月31日まで使用料金315円が2か月無料なので、試しに使うのはGood。

「Skype」・・・言わずと知れた無料電話の先駆け的存在。ビデオ通話で会議をするシーンに憧れたものです。ただし、電話として使用するにはやや難あり。特に3G回線での通話は結構評価が低いですね。050plusのように電話番号取得もできますが、3カ月で1500円くらいなのと、通話料が1分17.5円なので微妙。待ち受け中にアプリが超バッテリーを食うとの事もあり、すべてが050plusの下を行きます。ただ、特定のSkypeユーザー同士のビデオ通話をPCで行う場合は便利です。ネット環境があって、ユーザー同士は無料ですしね。私はPCで使用してます。

「Line」・・・聞き飽きるほど「ベッキーのCMでおなじみの・・・」から始まるヤツです。今のところ、Lineユーザー以外の電話にはかけれず、どーやら通話としてはあまりよくない様子。もともとの性質上、チャット系に強い感じのようです。通話・・・よりもコミュニティー重視のようなので、使い方でしょうか。ただ、通常の携帯電話番号でLineユーザーを検索するため便利です。連絡帳と連動しているのと、Lineのユーザーが多いので無料通話できる人が多いです。Skypeのようなユーザー登録もいらないですし。3G回線での通話は実用には厳しかったです。

「Viber」・・・この中では「Viber」が一番聞かない名前でしょうか?私も一番最後まで知りませんでした。ただ、無料通話で言うと結構有名なようです。Lineと似ていて、ユーザー以外の電話にはかけれない様子。ただ、通話品質が3Gでも圧倒的にいい。普通の携帯と変わりません。また、ユーザー同士無料、自分の携帯番号で使用し、電話番号でViberユーザーを探してくれるためLineと同じです。また、待機中のバッテリー消費も050plus、Lineと同様に少ない様子。Viberユーザーでない電話にはかけれないとの事で、かけると携帯から普通に電話する画面に切り替わるとの事です。メッセージも送れるため、完全にLineとかぶっています(笑)ただ、電話のViver、チャットのLineと言った違いのような印象です。

さて、長々と説明を書いてしまいましたが簡潔にまとめると下記の通りかな?
①新たな電話番号を取得して、ユーザー以外の通話でコスト削減をしたいなら「050plus」が一番お薦め。(Skypeは番号を取得しても、非通知などで相手に番号が表示されない様子。他、通話料が050plusより高い。)
②ユーザー同士で3G回線の無料通話を楽しみたいなら「Viber」がお薦め。(Lineは通話品質で相当劣る様子。)
③ユーザー同士で新たな出会いなどのチャットを重点として楽しみたいなら「Line」がお薦め。(Viberよりもユーザーが圧倒的に多い。)
④家のPCや会社のPCで話しをしたり、会議をしたりするなら「Skype」がお薦め。

このうち、自分はどのようにスマホを使うのかによって使い分けると便利だと思います。
私は下記のように使用しています。
1.Viberユーザーの友人には当然、「Viber」で電話をかける。
2.それ以外の電話は無料通話分を使う。(docomoなのでタイプSSだと980円で、無料通話1,050円分ある。)
3.無料通話が無くなったら、「050plus」で電話をかける。
4.仕事やPC環境がある時にゆっくり話すには「Skype」を使用している。
5.チャットやメールはGmailを使用する・・・(笑)
6.そのため、「Line」はアンインストールしました・・・。

すでにdocomoのパケホーダイなどは解約してULTRAWi-Fiにしてしまったため、アプリを駆使して電話代が圧縮できれば、通話をしても通信費を4,500円以下にできます。今まで私は通話を極力しないで電話代金の圧縮を考えてましたが、下記の通りでほどほど話せます。
・ULTRAWi-Fiの使用量は月額2,480円。(詳しく知りたい方はこちら
・電話はdocomoのタイプSSで980円。(25分くらいの無料通話付)
・050plusで315円。(今は無料)
・残りが725円あるので050plusであれば43分くらいの通話代金くらい。
合計で費用の掛かる電話に68分くらいかけれて、ネットもできて4,500円になるわけです。友達同士はViberにすればもっと通話もできるんです。

ただ、docomo(au)ユーザーの方で、1カ月0~55分前後の通話の人は、docomo(au)の無料通話分が入ったタイプSSやタイプSの方が安いかと思います。その人は050plusはいらないかな。私みたいにipod touchを電話にしたい!!とかなら話は別ですけどね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です