ULTRA WiFi(007Z)の電波状況や仕様の説明(mainエリアとsubエリアなど)

ここではULTRA WiFi(007Z)の使用について説明をしたいと思います。ただ、正直すでに多くの方が詳しく書いてあるページがあるので、すでに知っている内容は飛ばし読みしてください。
まず、ULTRA Wifi(007Z)が自分の活動エリアで使用できるかどうか?が重要ですが、これはsoftbank様のページから確認した方がいいです。
ULTRA Wifi電波状況(softbank様ページ)
ULTRA Wi-Fi(007Z)で使用できるエリアはメインエリア/サブエリアです。

さて、説明を見ていると超高速データ通信「ULTRA SPEED」とか、メインエリアとかサブエリアなど、意味不明の事を言っています。簡潔に書くと下記の通り。

①メインエリア(ULTRA SPEED)・・・公表している回線速度が下り最大42Mbpsでとっても早い。(softbank回線使用しているらしい)

②サブエリア・・・公表している回線速度が下り 42Mbps 通信のときもあり、7.2Mbps 通信のときもあるらしい。(イーモバイル回線を使用しているらしい)

②3Gハイスピード・・・softbank製の携帯電話のネット回線(スマホ・ガラケー)。速度について

①~③は速度以外に電波エリアも異なります。ただ、①のメインエリアは速度が早くエリアもほどほど広いのでいいなぁ~と思いますが、デメリットもあります。各エリアのデメリットは下記の通りです。

④メインエリア・・・月間パケット通信量が3,000万パケットを超えると翌々月に速度制限の対象となってしまう。制限内容は、通信速度が最大 7.2Mbps になってしまう。

⑤サブエリア・・・24時間(一日)で使用したパケット通信量が 300万パケットを超えたときに当日の21時から翌日2時まで速度制限の対象になってしまう。制限内容は、通信速度が最大 7.2Mbps になってしまう。

⑥3Gハイスピード・・・使い放題プランが高い。

そう考えると、ULTRA Wi-fi(007Z)の場合、普段からサブエリアで使用していて、つながらない時にメインエリアに切り替える・・・のがいい使い方だと思います。月間3000万パケット・・・と言うと解りにくくて良く解らないですが、動画を見る人は普通に超えます。サブエリアなら制限も夜間なので比較的ゆるやかですよね。動画も見ないし、PCにはつながない。。。という人はメインエリアを常備使用しても平気かもしれません。
このメインエリアとサブエリアは、PCとULTRA Wi-fiをつなげて設定で変更できますが、これに対応したアプリ(007z status)もあります。詳しくは別ページで紹介します。

設定をうまく組み合わせることで、使いやすく低額なネット環境が作れるといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です