肉体の限界

先週は会社で肉体労働のオンパレードでした。。。
世間ではゴールデンウィークが16連休とか言っていますが、
うちの会社では関係なし・・・。
度重なる追加注文で生産ラインが追いつかず、また、人員削減も
実施してしまった関係で、人手もいない。
そうすると、責任者といえどもラインの工程で毎日働かねばならず、
従来、3人で行っていた工程を1人で勤務。。。
すでに肉体が崩壊状態です。

久しぶりに仕事をしていて、心が折れました・・・。
終わらない業務量に心がついていかず、途中に会社から逃亡を決意!
しかし、A型の性格が歯止めをかけ、気がついたら仕事が終わってました。

うちの会社は、取り扱っている製品の関係上、通常の会社に先駆けて
注文が入ってくるため、これから世の中の市況が動いてくると思われます。
しかし、その場合、ほとんどの企業が今のうちの会社状態になると思われます。

①仕事があっても人がいない。
②人がいないので作業量が増加し、残業も増加する。
③人を雇用しても、すぐに即戦力となるわけではないので費用がかさむ。
④結果、従来からいる従業員にさらなる負荷がかかる。
⑤また、暇な状態の勤務に慣れてしまい、忙しい状態に耐えられない!!
⑥社内中に不満と怨嗟の声が広がる・・・。

本当に困ったものですねぇ~。
暇なのも困りますが、いきなり忙しすぎるのも困りものです・・・。
いかに心理学を多様しようと、自分の心のコントロールは難しいものですね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です