まずはULTRA WiFi (007Z)使用の低価格料金を研究

なかなか研究に時間がかかり、ブログ更新が遅くなりました。。。先日購入したULTRA WiFi(007Z) についていろいろと考察を書きたいと思います。メリットとデメリットはちょっと置いて、詳細の料金改善を書きたいと思います。

まず、docomoの携帯電話ですが、いろいろと調べると金額が高い!!Softbankやau、Willcomと比較しても高すぎる!!そのため、今回は「技」としてULTRA WiFi(007Z) を使ったのです。しかも、docomoのスマートフォン使用は調べて判明しましたがパケ・ホーダイ以外にも細々と費用を取られており、相当にコスト削減となりました。

【docomo携帯代金の大まかな費用】

・通話料タイプS 1,575円(通話料)

・留守番電話   300円(普通に留守電)

・パケ・ホーダイ 5,200円(ネット使用料)

・SPモード使用量 300円(ドコモのアップデートやSPメールに使用)

・moperaU使用料 500円(ドコモのプロバイダー使用量)

・携帯保障    380円(携帯が破損したときの保障)

合計(消費税抜)8,255円

これらの費用はdocomoの3G回線を使用していると「留守電」と「携帯保障」以外は必要で、パケ・ホーダイとSPモード、moperaU使用料の3つは契約していないと機種購入時の携帯購入割引/月々が受けれないそうです。(私の携帯割引料は650円/月くらいでした。)

 

しかし、今回ULTRA WiFi(007Z) を持ったことにより、パケ・ホーダイ、SPモード、moperaUの3つを解約しました。合計で6,000円ほど浮いたため、ULTRA WiFi(007Z) の代金2,480円を考えると携帯割引料がなくても問題ありません。(細かくはSPモードやmoperaUは若干の割引あり)

そのため、解約後の携帯代金は携帯保障も外して1,875円となり、ULTRA WiFi(007Z) と合わせても4,280円です。これはとんでもなく安くなる低価格料金で、DSにもPSPにもPCにもつなげるため最高に便利です。これは素晴らしいプランでしたなぁ。

ただ、若干のデメリットもあるため、次回はその点を書きたいと思います。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です