S主任奮闘記。

会社での昨日の出来事を少し・・・。

うちの会社は現在3つの部署がありますが、今週始めから

全部の部署合同で終礼を行う事となったのです。

私の部署の終礼の方法が見直され、社内全体に展開をする

のが幹部の目的でした。

 

私の部署の終礼は世の中でどこでも行っている普通のものです。

①責任者が全体の連絡事項や関係事項を話す。

②主任が朝礼で指示した仕事の進捗状況を確認する。

③主任が進捗状況に不明な点を発見したら、作業者に確認する。

  確認は、指示した作業の内容(どこまで仕事が終わっているかと

  それぞれの仕事がどの程度時間がかかっているか?)をする。

④主任が工程内での不具合と翌日の予定を簡単に説明する。

⑤作業者から報告・連絡・相談・提案を発表する。

⑥主任が総括して終了。

 

上記の内容でおおむね5分~15分くらいでしょうか?

基本として責任者は最初だけで、後は主任のSさんがやってます。

S主任の特色としては、自分が指示を出しているときでも、

「今言った仕事はどうしたらいい?」とか「どうしたら早くできる?」とか

「何時までに終わらせられる?」とかの質問を織り交ぜて作業者に

考えさせることでしょうか?

そのため時間はかかるものの、自然と「考える力」と「時間力」を

教育できているんですね。

 

さて、全体の終礼もその功績を認められ、S主任が全体の進行役に

選ばれました。上記のような地味な訓練をしていない他部署の人々は

全体の場で何を報告・連絡・相談してよいかわからず無言。

質問をしても考えていないから無言。

いつもの終礼などでS主任のまとめる能力と話す力も上昇しているため、

他部署の主任との歴然の差を見せつける結果となっています。

 

さて、この無言で始まる人々をどのように訓練していくのか?

今後ともS主任の動向が気になります。。。

私自身も2008年6月に今の部署が新設され時には、S主任を含めた

人々は同じ状態であったものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です