最近思うこと・・・。

世の中が不況ですね。

今、私の勤める製造業や建設業、不動産業は「不況業種」と言われ、

業況の良い会社が少ないのが現状です。

特に、生産ラインで勤務していた人々は、注文の減少により

生産ラインが縮小及び停止するため、毎日の仕事も無くなっていく訳です。

 

私はラインの仕事よりも、会社の枠組みやラインを改善する仕事が

主なため仕事はあるものの、それらを改善し、効率を上昇させても

アジア圏の人件費が安い国々とのコスト争いには勝てないのが現状です。

 

試しに試算をしてみたものの、現在従業員が15人まで縮小させたものの、

今後5人退職し10人になったとしても、製品原価は8%も下がらない。

そもそも、材料代が高い点と地代が高い点、エネルギー代が高い点など、

日本国内で製造業を行っていては、アジア圏の国々との費用が圧倒的に

差があり、高いのは人件費だけではないようです。(法人税も高い)

 

よって、最近騒がれているベトナムに製造拠点を構えると、初期投資が

1億円程度かかるものの、製造原価はやり方にもよりますが、

20%程度は削減できることと思われます。

ものによっては最大で50%までいける方法もあるそうです。

 

このように、すでに製造業はグローバル化が進んでいて、これに着いて

いけない人材は、製造業から離脱するしかないと思います。

トヨタやホンダを始めとして、大企業が海外の現地調達率を増加させて

いるため、国内の仕事が加速度的に無くなっていく・・・。

 

そろそろ、製造業からオサラバするときか?

海外での事業展開に期待をかける時期か?

なかなかに判断が難しい局面になってきましたね~。

経理やコストを主軸としたコンサル系の仕事が最近多いんですよね~。

迷いの多き30歳で、悩むところでありますな。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です