新たな挑戦。。。

さてさて、最近ふと過去を振り返ることがあります。
私の周りの人々は、私に「迷い・不安・後悔・反省・モラルハザード」といった
負の要素が少ないと思っている人が多いようなのですが、
私も人の子・・・。歴史にもしもはないけれど、過去と比較をすることがあります。

もともと信用金庫で融資による資金繰り安定&財務改善といったコスト削減提案を
主として行っていたため、財務コンサルに近い仕事をしていたんです。
まぁ、他方では預金を集金する業務や国債・外貨預金や保険業務、投資信託も
行っていましたが・・・。

当時、仕事が終わるのは21:00~23:00ごろで毎日片付かない仕事に翌日も
追われる日々で、「思う存分仕事がしたい!!」と思っていたものです。
特に勤続2年半くらいから完全な「ワーカ・ホリック(仕事病)」に取り付かれ、
寝ても覚めても融資稟議をどのように作成し、どれだけ顧客企業それぞれの
資金繰りを改善できるかを考えてばかりいました。

しかし、融資業務系は好きだったものの、意味のない預金集め(すでに6年くらい前に
金融機関の預金が余っていて、余った資金を運用できていないのに、さらに預金を
集めていた。)や、毎日の活動を記す業務日報の記入(毎日しっかり書くと1時間
以上かかるため、みんなデタラメを記入する。)など、意味が薄い業務も多く
結局は退職したんです。

転職をしたかった理由は、自己の能力がどの程度成長したかを確認したかったから・・・。
また、管理職になって不要なルールや無駄な業務を廃止し、本当のコスト削減を
実施したかったから・・・。

しかし、今の会社で管理職となって2年半が経過し、この間に私が作成した帳票や
ルールが山のように増え、会社ルールの多くを作成してきたのです。
そこで、ふと思うのです。。。

いつの間にか管理レベルを引き上げ、ルールを難しくしていないか?
難解な書式を導入して、管理が不完全な状態で停滞していないか?
それなりに工程管理を行って満足してしまっていないか?
本当にしたかった仕事はなんだったのか?
他人との比較ばかりを行って、自分の本筋を見失っていないか?
他人の目を気にし過ぎて、自分の能力を封印していないか?
過去から持ち続けている理想を捨てていないか?
自分の能力の限りに仕事を行っているか?
再び「ワーカ・ホリック」になるほど、知恵の限りを尽くして仕事ができるのか?

つまり、不要な業務を撤廃し、管理を充実させつつ業務は楽に行う。
また、自己の能力の限りを尽くし、他人に認められ評価されるから仕事を
するのではなく、自己の能力の限界を広げるために前向きに取り組む!
管理職は偉いのではなく、謙虚な気持ちを持ち続け、他者を尊重し、すべての
社員の見本となる。人の嫌がる仕事を行い、同じ場所で満足せずに前に進む。

私に社会人としてのすべてを教育していただいた「M課長(今は副支店長に
昇進したそうで、私がお世話になったときは課長でした。)」は私によく
「人間の目は前にしか付いていない。どんなに嫌な事や辛いことがあっても
歯を食いしばって前しか向けないんだ!!後ろに目はないんだから・・・。
だから、がんばれ!!」と励ましてくれたものでした。

ふと思うのです。M課長、私はあなたのようになれたでしょうか?
すべての部下の道標になり、時には部下を守りつつ、時には叱り。。。
私がただ一人、一生の忠誠を誓ってもいいと思った上司ですが、
もうあんなに素晴らしい人に教育をしてもらえる機会はないんでしょうね。

どうやら管理職になり時間が経過するごとに、私は本質を忘れていたようです。
「どこまで企業の意味のない無駄と戦い、簡素化できるのか?」と
「他人に理解をされたくて仕事をするのではない!自分がどうするかだ!」と。。。

「M課長」がよく言っていた言葉を、またまた思い出しました。。。
不肖な弟子は明日から再挑戦です・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です