さて、仕事の鬼が起きてきた。。。

先週末の話し・・・。
いよいよ、うちの会社も人が余っているのが目につく状態となってきたため、
2人ほど2009年4月1日をもって休職となり、5月10日をもって解雇の方向と
りましたが、それだけでは足らずに、さらに2人の削減が必要となりました。

そもそも、4月1日から高卒の新入生が一人と、ベトナム人の女性2人が
入社して、その後、ベトナム人男性2人が入社するため、会社内の不要人員は
さらに絞られると予測されます。

今まで、社員に厳しく教育を実施したり、不要な作業員を解雇したりといった
過激な発言(通常の企業では当たり前のことでも、うちの会社では刺激が強い
らしい・・・)を私しかしなかっため、かなり社長をはじめとする幹部に反感を
かっていたのですが、ここにきてやっと理解を得られました。

だから最初から言ってただろ!!切羽詰ったら人は他人に優しくなれね~んだよ!
しかも、能力とモチベーションが低い人間を雇って仕事をしていると、
全体的なモチベーションも低下するし、周りの従業員も無能者を見て安心するから
従業員全体の成長スピードも遅くなるんだよ。。。

さぁ、社長の理解も得られた所で、人間の姿から「鬼」を解き放ち、
心の中には魔界から召喚した「悪魔」を呼び寄せますか!!!
明日から、厳しく脱落者を検出しましょう・・・。
しかし、例え厳しくしたとしても、心の底に「愛」は必要なんですよ。
脱落者と書きましたが、本当の意は「うちの仕事に向かない人」を明日から調べて見て、
解った時点で伝えてあげる。
言われた方も、早くに解って言われたほうが、転職して成功するかもしれません。

手始めの「血祭り」はみんなへの見せしめとして「Sさん」かな~(笑)
Sさんは辞められたら私が本当に困るので、虐めるのはただの趣味です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です