休眠期

また気がついたら更新をしていない・・・。

何度目のことだろうか?

どうやら長期の休みに入るとPCを触らないので駄目らしい。

 

さて、この2ヶ月ほどの経過を少し・・・。

会社では1年半ほど私の部署で支えてくれていた

「いすけ」さんが2008年8月30日をもって退職しました。

理由はホストになりたい!!ではなくて、

漫画家を本腰入れて目指すため!!

 

すでにウチの会社で色々と才覚を示した「いすけ」さんは

検査部主任の称号まで手に入れ配置転換となり、

私の部署から異動となりました。

結果、本人の希望とかけ離れた仕事を日々こなし、

(まぁ、ウチの部署の仕事も本人の希望じゃなかったけどね)

人間関係と肉体関係のもつれ?(肉体関係はないか。。。)

によりモチベーションは地に落ち、漫画が書けないストレスも

手伝って「絵が描きたい!」と大爆発!!!

会社からいなくなったのは残念ですが、未来を考えて

本人的には良かったと今も思います。

 

さて、このごろ私は「普通」と「常識」について悩まされています。

よく会話で「何で普通に理解できないのかなぁ~?」などと

聞きますが、そもそも「普通」とは誰にとっての普通なのか?

「常識」も同様で「常識的に判断しろ!」の常識とは?

 

今の会社は工場ですが、面接や社員教育をしていると

前の会社ではありえないくらいの「一般常識」が欠如している

人ばかりなのです。

「明日の休日出勤は○○さんと××さんはありません。」と伝えても

翌日出勤していて「あ、忘れてた。」とか

「聞いてたけど私じゃないと思ってた。」とかね。

全体の朝礼で伝えているだけに、他の人からも「???」とか

「あの人って、痴呆症?」とか言われていまう。。。

でも、そう言っている人達も他の事は同じなんですよね。

 

したがって、いすけさんのような人が入ればまた変わるのですが、

社会的に「普通」と「常識」が欠如した人が圧倒的多数の中では、

「普通」と「常識」がある人が「異常」となってしまう。

よく「民主主義」は「衆愚政治」と揶揄されますが解る気がします。

多くの中小企業には一流の人材が入社してこない。

また、育てるノウハウもない。

人材こそが人財であるとの言葉が胸に染みますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です