派遣社員のデメリット

今日は身に染みた悲しい話し・・・。
先日、派遣社員を採用した旨を記述しましたが、3人採用させてもらい仕事に従事してもらいました。しかし、採用が決まって勤務する前日に、取引先の上会社から注文の大幅な下方修正が伝えられました。。。

それにより社長より、派遣を採用取り消しにするようにと言われたものの、すでに前日であったため一般で言う所の「内定取り消し」に当たり、派遣採用解除はできないと派遣会社の担当営業に言われました。まぁ、当然ですが・・・。
しかし、社長からは試用期間の2週間で理由を作って解雇するように!!と言われ、現在教育訓練中です。もしくは、3カ月更新の契約のため期間満了により継続無し。。。で解雇するようにと言われています。

ここで身に染みて感じたのは、彼ら3人には一片の落ち度もなく、評価の機会もチャンスも一度として無かった・・・と言う点です。仕事とは常に上司の意向が絡むものであり、より上席の意向が絶対であります。上席が誤った判断を下して、諌めても聞き入れなかったりすると共倒れとなる訳です。
また、中途採用でも余程の人材出ない限り、すぐに整理されてしまうということでしょうか?企業の業況が悪くなった時に、会社にとって必要とされる能力がないと解雇となってしまう。そのために、仕事をがんばり出世をしないといけないということかな?
最近の若者(一応私以下の人達かな?)は、がんばる風潮があまりないように感じますが、彼らの将来はどーなるのでしょうねぇ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です