日本語の難しさ・・・

今日は仕事で感じた日本語の難しさを少し・・・。
ウチの会社にはベトナム人の女性が2人おりますが、仕事ができる方がNさん、出来ない方がHさんとして、Nさんは日本語検定の2級を取得しています。
それでも接続後や発音が微妙におかしい事もあります。ただ、日本人でも同様の人は数多くいます。

結果として解ったのは、日本人でも訓練を積まないと日本語をある程度しっかりと話せない・書けないと言う事。。。人種ではなく、訓練と言う事が解りました。ちなみに、ウチの会社の従業員が私に報告した文章を以下に載せます。

1、○○○(製品名)は、先週の土曜日に○○○(製品名)ちょっと作ったんけど、数があまりないので、今日検査してません。○○○(製品名)現在の生産数は12,000本です。

【ある程度解りやすく記入すると・・・】
1、○○○(製品名)は、先週の土曜日に製造しましたが、数量があまり出来なかったため本日検査しておりません。現在の一日当たりの生産数は2,000本で、総在庫数は12,000本です。

すでに報告に無い情報や言葉の間違いがあり、内容をしっかりと報告できていません。でも、これらを添削して徐々に教育して行くしか方法はなく、毎日報告メールの添削をする毎日となりそうです(笑)
しかし・・・私も金融機関時代に毎日M課長に添削されていて、今があります。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です