Sさんシリーズ再開!

まぁ、このブログを読んでいる人は限られているから

シリーズの続編が出なくても文句は言われないんだけど

とりあえず続編小説の再開です。

 

さて、どこまで書いたのかも忘れるくらい連載が止まっていましたが、

ウチの部署の主任がSさんです。

さて、ウチの部署の主任ポジションは2008年6月1日に制定され、

今に至りますが、Sさんは主任などの管理職に付いた経歴もなく

人付き合いもあまり好きではなく、会社のルール違反を見つけても

「俺に関係ないや。プーン!」という感じだったのですが、

10月6日(土)には作業員に向けて「仕事を覚える気がないなら

今後、今の仕事だけして17時に帰ってくれ!もっと難しい仕事を

覚えたい人だけ残業をしろ!残ってる仕事は俺がやる!」と

激しい言葉を発しました。

そこの「いすけ」さん。今笑ったでしょ?

 

知っている人は笑ってしまう話しで、ほんの数ヶ月前までは、

Sさんが言われて17時に帰っていたんです。

 

さて、何でこんなに変化したのか?

私が思っている理由は下記のことと思っています。

①立場が一般の作業者と区分されたこと。

②自分の仕事を放棄しても自分しかできないこと。

③素直で解らないことを勉強する心を持っていたこと。

④上司(私)がコミュニケーションをとるように工夫したこと。

といったところでしょうか。

 

さて、私は心理学も実用的なものだけ好きでよく取り入れますが、

理想的な上司とはどのようなものなのか?

その一つの参考として「上司はひと言」(中経出版)をモデルに

実用をしてみました。

結構、意識していなかったことでモチベーションを上げる工夫が

織り込まれており「良書」であったと思います。

次は、もう少し具体的な内容を記述しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です