Sさん分析

今日はもう少し時間がとれたので続きを少々。

さて、先ほどの書き込みで「上司はひと言」を取り上げましたが、

その内容の実用例は下記の点です。

①順調!?(今、何が順調でないかを聞きだす)

②○○さんの意見を聞かせて?(部下に考えさせる&尊重する)

③ぜひ○○さんにお願いしたい。(特別にお願いをする)

④○○さんのおかげだよ!(ホメる)

⑤おっしゃるとおり!(部下の意見を肯定する)

⑥○○さんがほめてたよ(他人からほめられてる事を伝える)

⑦○○さんなら大丈夫だよ(安心させる)

⑧○○さんだから、あえて言うけど(本人に気づかせるため)

⑨具体的には?(説明を具体化させる訓練)

⑩○○さんはどう思うの?(考えさせる)

 

本には30個掲載されているんですが、特に私が使う10個を

載せました。

それと、部下を怒る時には怒るのではなく「叱る」のが

重要で、「ホメる→叱る→ホメる」の「シカルサンド」が

よく効き目があるようです。

 

さて、上記のことを主としてコミュニケーションを取れるように

実施し、現在に至ります。

しかしながら、これらを万人に行っても一定の成果は出るものの、

Sさんほど変貌はしないと思います。

 

Sさんはもともとの職歴・経歴では、「わさび」を作っていたり、

「パチプロ」をしていたり、高校も通学した初日で退学し

定時制高校に通い直していたりと面白いんです。

しかし、自分で「本を読み考えること」や、怠け者なので

「いかに少ない労力で最大限の効果を生み出すか?」と

いった能力を自分のためだけに使っていたのです。

 

よって、仕事に必要な5つの力があると良く言われますが、

①聞く力

②考える力

③話す力

④書く力

⑤時間力      同著者「5力」(中経出版)

それらの中で「聞く力」と「考える力」・「時間力」の下地が

すでにできていたと思われます。

 

よって、私が伝えたことを「聞く力」で聞き取り実行し、

頼んだ仕事を「考える力」で組み立て、定められた時間で

終わるように「時間力」がある訳です。

今現在取り組んでいるのは残る2力で、Sさんがその部下達に

どのように教育訓練をし、会社ルールを伝え、明文化していくのか?

 

私としては、気分屋なSさんがやる気を失わないように

話して調節するだけで特別なことはしてません。

教育の種は蒔きますが、育つのは自分自身ということですかね?

 

ただし、人間というのは経歴や職歴・勤務態度・言動など、

様々なことで評価をされ、差別されています。

上司が変われば粛正人事もあり、首脳陣が入れ代わることも

あるくらいです。(内閣の組織がいい例でしょうか?)

ただ、態度が悪いだけでとか、言動が反発的だ!とか、

能力はあっても認められない人って、結構存在するんですよね。

 

結論は、日本企業というのは個体(個人)の優秀さよりも、

周りとなじめるかどうかや、上司にとって従順か?などが重要で、

上司が努力して「好かれる上司」を目指す風習が無いのが

問題と思われます。

トップに信頼感があれば会社全体が活気で満ちるように、

上司に信頼感があれば、部下は能力を最大限発揮できる。

私はそういう職場を作りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です