愚者は経験から学び、賢者は歴史に学ぶ-ビスマルク-4

またまた止まっていたシリーズを再開。

表題のタイトルの意味は「愚者」は自分の経験数十年から学び、

「賢者」は何千年の歴史から今とリンクさせて学ぶことと理解しています。

人間の寿命は80年前後で、優秀な人でも経験から学べるものは

その範囲ということでしょう。

逆に、歴史は繰り返すとの言葉もあるように、文明は変わっても

人間の行っていることは、あんまり変わらないんですよね。

 

記録として残っている人類の歴史とは3420年ほどですが、

その中で戦争が無かった時代とは268年しかないそうです。

人間とは何かと争うのが好きなようです。

 

さて、歴史と照らし合わせると、現代社会も戦国時代と変わりません。

まず、小国が乱立し、大国が存在する。

これは、中小企業が乱立し、大企業が存在する。

大国に依存する形で小国が存在する。

大企業の下請けをして中小企業が存在する。

 

大国が強いのは軍隊と国力(物資や金銭・糧食)があるから。

大企業が強いのは優秀なブレインを要する人材や資金があるから。

中には小国でも独自に安定している国があり、特別な産業などが

栄えている国もある。

中には中小企業でも独自に安定している企業があり、特別な技術で

栄えている企業もある。

 

さて、このように変換していくと、戦国時代や中世ヨーロッパ、

はたまた共和政ローマ、中国史などを見ていると

参考になることが多いと思われます。

 

中国史の「史記」では、様々な国の興亡が描かれていますが、

概ね共通することは、王さまがいて有能な参謀(№2)がいることでしょうか。

しかも、その№2はほとんどその国の人ではなく、

他国人を大抜擢した結果、その国が大きく躍進する。

有能な人を能力で登用した結果が伺えます。

 

しかし、滅亡も簡単で王さまが逝去した場合、改革を行った№2が失脚

することが多く、失脚後に滅亡。

失脚せずに次の王さまにも重宝されると№2が逝去後に、ろくでもない

能力の人材を後釜にして滅亡。。。

結局、人材により国の興亡が決まってしまう。

このようなところが中小企業の弱みであり、厳しいところでしょうか?

 

さて、そのようにならないために歴史を学ぶと改善点が

見つかられるんです。

長文になったので、続きはまたで・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です