なぜ自己勉強ができないか?

このところ、結構余裕が出てきた今日この頃・・・。

仕事的なものは世界恐慌の関係で注文数の減少、生産機械縮小と

およそ楽観的になれない状況なものの、私の仕事に関しては

特に問題なし。

もともと、私の得意分野が不況の時にクローズアップされる

「コスト削減」、「改善活動」、「管理強化」、「情報分析」といった

関係なため、今まで工程作業もしていたことを考えると、

得意な仕事だけに絞られてきた気がしています。

 

それと、従来からいわれたことや工程の決まった仕事だけを

しているのが嫌いで、「会社のためになること」を勝手に考えて

仕事を増やすのが趣味なんでしょうね、きっと。。。

なので、だんだんとやりたい仕事だけになってきたかな?

 

最近の会社の従業員を見ていると感じることが、自己啓発や

自己勉強がかなりの部分で足りない気がしています。

今現在、世界恐慌でもあり雇用状況が悪化の一途をたどって

いるため、みんな危機感は持ってきていますが、その結果

自分がどうなってしまうのかの認識が甘いのかな?

なぜ自己啓発や勉強ができないのかを分析してみました。

 

①それぞれの人たちが自分の得意分野を解っていない。

②その得意分野が無い人でも、自分の性格的特性をわかっていない。

③自分の知識や経験が一般と比較してどのレベルにあるのかを

  理解していない。

④その結果、自分が何をしたら成功するかを理解していない。

⑤だから、何を勉強していいか解らない。

⑥また、どのレベルから勉強したら理解できるかが解らずに最初の

  一歩が踏み出せない。

⑦よって、勉強しない。

といった流れなのかな?また、性格的に今までの経験や知識を

応用して違うことにも活かせる人は、1冊の本から読み取る情報が

通常の人よりも多いため、早く成長していくんだと思われます。

 

さて、これらを総合的に考えて、何もできないでいる人たちは

自己分析から始めて「自分」をよく知ることから始めたらいいと思います。

 

①自分の得意分野は何なのか?

②自分の性格的に何をしているのが好きなのか?

  (対人関係、肉体労働、細かい作業などの大きい分類区分)

③自分の得意な分野のレベルがどこなのか?(知識や経験が、

  世間一般の人と比べて優れているのか、劣っているのか)

この辺までを分析すると、自分が何をしたら成功する可能性が

一番高いかが解り、それに向けての勉強となる訳です。

 

さて、会社経営者にとって雇用の問題は質の悪い従業員はチェンジ

したいのが本音です。自分が会社にとって何で貢献していて

何の得意分野で人より優れているのかが解らない場合は、

リストラや解雇となるのです。

厳しい世界情勢になり失業者があふれている現在においては、

雇用者側も相当シビアになっていくと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です