報告・連絡・相談

世間で俗に言う、ほうれんそうの話し・・・。

近年の若者は報告・連絡・相談ができない、いわゆるコミュニケーション不足が言われています。しかし、若者だけではなくて結構多くの人ができないのではないでしょうか?と、言っている私も新入社員時代から3年ほどはお世話になったM課長(今は副支店長に昇格)に、毎日叱られていました。

 

報告とは、自分の仕事の進捗や重要な出来事を上司や同僚に伝える事をいいます。しかし、この仕事の進捗も何をどこまで話せばいいかのサジ加減が難しい!!もちろん重要な出来事も同様です。それこそ、重要度の価値観が人によって異なるため、教えるのが大変難しいのも事実です。

 

連絡とは、人から伝えられた事を必要な人に伝達することです。また、どちらかというと報告は上司に対するイメージが強いのですが、連絡はその事柄に関係する人々に漏れなく伝える必要があります。また、部下が知ってて上司が知らないなど、連絡する順番も重要で結構難しいものですね。

 

最後に相談ですが、自分で解決できない問題や悩みを上司・同僚に話して共有する事を指します。以外に相談もできない人が多く、勝手に自分で解決しようとして問題が大きくなってしまったり、報告を欠かした結果、相談にもつながらず問題となったりします。自分で処理できない問題を端から相談するのも問題ですが、いくら考えてもできないものを相談しないと放置へつながってしまうため、問題となります。これも、相談する内容を吟味できるまで覚えるのに時間がかかります。

 

さて、私の会社においては、報告・連絡・相談の教育を受けた人や叱られながら身に付けた人材がほとんどいないため、コミュニケーションが取れず、会社が暗い状態です。従業員も昔からウチの会社に働いていた人はもちろん、最近入った人もフリーター上がりや契約社員上がりの人しか雇用できていないため、一つの仕事をするのはできるものの徐々に上級の仕事に移ると破綻してしまう状態です。また、事務所においても現場事情を把握していないため、現場の人員とまったく噛み合っておらず、私が不在中や忙しく連絡が取れない状態だと誤発注や連絡ミスが多発し、社内が材料在庫の山となりました・・・。

 

そこで悩んだ私は報告・連絡・相談について線引きを考えました・・・。

私(責任者)→クマ(主任級)→イケメン(一般職)と組織がなっていた場合、クマが私に報告・連絡・相談をする内容が解らないため、叱られても何で叱られたのかが解っていなかったのです。そこで、もしもイケメンが同じことをしてクマに報告がこなかったら叱るか?許すか?と問いかけたところ、スグに理解を示しました(笑)

 

【例:】工程で不良品が発生しました。廃棄にする権限は私が持っているものの、クマが勝手に捨ててしまいました。結果として私も必ず廃棄にする不良品だったものの、報告も連絡も相談もありませんでした。廃棄にした事も私は知らず、たまたま廃棄表を見ていて気が付きました。

上記の内容をクマがしてしまったため、勝手に捨てると何が原因か確認できないため、不良品と製造記録を持って報告に来てくださいと叱っても、あまり理解をしていませんでした。

 

それを、【例:2】工程で不良品が発生しました。廃棄にする権限は私が持っているものの、イケメンが勝手に捨ててしまいました。結果として私も必ず廃棄にする不良品だったものの、報告も連絡も相談もありませんでした。廃棄にした事も私は知らず、たまたま廃棄表を見ていたクマが気が付きました。

と説明をして、クマが叱るか?許すか?聞いた訳です。すると、どんどん勝手に捨てられたら困るし、原因を追及しないで流れで捨てる癖がついても困るから許せない・・・。との事でした。

 

やっぱり、自分に置き換えて考えてもらうのが一番解るようですね☆

しかし、、、isukeさんを皮切りに配置転換をすると、私の右腕達が会社風土に嫌気をさしどんどん退職してしまうため、前途多難でありますな・・・。まぁ、なぜ退職決意を固めたのに未だ退職をしないのか?については、おいおい語るとしましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です