追撃の手をユルメズ!!

今日は久しぶりに仕事の話し・・・。

先日、泣いて馬謖を斬った私でしたが、続く今回は普通に退職者が発生しました。馬謖と同時期に入社したアルバイトの34歳男性(JTさん)が辞めたいと言って来たので、話しを聞いて、目の前で退職願いの書き方をレクチャーして、用紙と封筒もあげて、速攻で上司と社長に報告し、即日受理をしてもらいました(笑)

 

ちなみに、退職願いを記入する用紙と封筒は「いすけさん」が購入したものを使いまわしてます(爆)

ここ最近の私の戦略として、数か月以内にベトナムから労働者を日本へ派遣して、日本人従業員を縮小の方向で考えており、人材の一新を図っています。すでに幹部候補となっている人材はいいとして、ワーカークラスの仕事ぶりがおもわしくないため、意欲のあるベトナム人従業員を日本へ派遣し、仕事を覚えて帰国してもらう。。。それを1~2年繰り返せば、私がベトナムに行かなくても従業員訓練が可能と考え、方針を大幅に変更致しました。

 

面白いもので、その方針を立てて実行を考えていると、整理対象になっている従業員から順番に退職してくれるのです。泣いて馬謖を斬ったTKさんはベトナムスタッフを呼び寄せるなら、解雇でよかったですし、今回退職のJTさんは解雇予定の筆頭にいた人物なんです。

次辺りに解雇とまでは行かなくても、配置転換で完全な夜勤要員に変更してもらおうと思っていた人材も、今日の帰りに足を骨折してしまい、当面の間休職・・・。会社に来た頃にはベトナム人の従業員に変わられていて居場所がない予定☆

う~ん、ちょっと怖くなってしまう状態ですが、日本人従業員を少なくして現在の仕事をこなしていくと会社の利益が計上されていく状態で、結果私の希少価値性と収入が上昇する方針です。さらに!!人員が自然退職をしてくれると会社の運営どんどんと困難になっていき、それを見事に救った場合、さらに評価が上昇する仕組みです。

 

楽しい局面になってきました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です