愚者は経験から学び、賢者は歴史に学ぶ-ビスマルク-2

昨日は前置きで熱くなってしまった・・・。

何を言いたいのかさっぱり解らん記事でしたな。

と、いうことで続きです。

 

さて、そもそも何を感じて何が言いたいかですが、会社(企業)は

少し置き換えて考えると国であり国家と似ているということです。

ただし、今の日本の国を当てはめると考えにくいかも知れません。

 

そもそも昔の国には王様がいて、この下に有能(無能のときも多い)な

部下がいて組織を作っているのです。

今の会社も基本的には同じで、社長(会長の場合もある)がいて

その下に役員という上級貴族がおり、またその下には部長職の

中級貴族がいて、さらに下に課長という下級貴族がいる訳です。

 

会社によって役職名は異なるものの、役割は何処も大体同じで、

社長  (代表取締役) =国王

専務  (会社の№2)  =宰相(内政最高責任者)

常務  (会社の№3)  =総司令官(軍事最高責任者)

取締役 (平の取締役) =爵位のある上級貴族

部長職 (部署責任者) =領地を持つ中級貴族

課長職 (課の責任者) =領地を持たない下級貴族

のような分類で両者ともに組織ができているのかな?

宰相と総司令官の順列が逆・兼任の場合もありますが。。。

 

これらの序列にいる人達がそれぞれ地位に見合った能力を

発揮した場合に国は富んでいくと思います。

国王が将来の方向と理想(どのような国にしたいのか)を掲げ、

宰相がそれに合せた計画を立案し、総司令官が国の治安と

領土拡大を目指していく。

この国王、宰相、総司令官の三つがうまく人間関係的にも

能力的にもうまく機能していないと強い国家は創れません。

 

しかしながら、宰相も総司令官も国王の意を受けて計画・実行を

行うため、国王が指針を示さないと本当に良くはならないのです。

 

さて、自分の会社が過去のどの国に似ているでしょうか?

社長の人柄が歴史の誰に似ているか?

日本の人物に当てはめると解り易いかな?

うちの会社の社長は中国の項羽によく似てます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です